LINK
初めての方向けの外国為替証拠金取引のテキストでは「損失が生じたケースではナンピンして全体の平均の買い付けコストを抑える」と助言されている事もありますが、実際はナンピン買いにはかなりのリスクが待ち受けています。まずはじめに、ナンピンのロジックについてとても簡単に記述します。たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。$買いのため、円安に動くほど儲けが出るわけだが運悪く1ドル=95円まで円高ドル安方向に進んだとします。この状況で保持し続けたとしたら、損失が回復するまでには、マイナス分円安に動く必要があります。皆さん、マイナスは早急に無くしたいと願います。これを解決するためはじめに売買したのと同じ分の$を、95円で取引します。それで、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。言い換えると、半分の幅でドル高が進行すれば、損失を回復できる。これが、ナンピン買いの手法です。このように、ナンピンの方法を理解すると「もっともだ」と考えるが、マーケットは簡単には思った通りにはなりません。そもそも、95円が底だということなど、誰一人として予想できません。仮定として、市場がドル安地合だとすれば95円では下げ止まらずにさらに円高ドル安に進む危険性は高いです。仮定として、97.50円でナンピンをした場合に、95円までドル安になっとしたならばナンピンしたポジションについても、損が生じることになってしまうのである。そういう状況では最初にエントリーしたドルと合計で倍のマイナスを被ります。この例のように、ナンピンは難解です。ならば、相場が自分の筋書きとは逆に進んでしまった場合、どんな手法で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。取るべき対策は2つ。ひとつめは執着しないで損切りをする事です。もうひとつの選択肢としては、その時点で、あなたが所有しているポジションを縮小することで改めて為替相場が回復するのを何もしないで待つことだ。受動的な手法だと思う方もいるだろう。けれども、自分の買いポジションに差損が生まれた場合、最も適切な方法はそれ以外にはあるはずがありません。当然、理屈の上では、ナンピン買いを入れるという術もあると思います。しかしナンピンは、自身が損失を披っている状態でポジションを整理するどころか、それとは反対にポジションを増やしていく手法です。この方法では、危険を管理することなどどこをどうやっても無理だと考えたほうがいいです。ナンピンをし続ければいつの日にか利益を上げられるかもしれません。けれども、それより先に資金がショートしてしまうだろう。